躁鬱病の治療は 気分安定薬による維持療法

薬の種類

気分安定剤が中心

基本的に躁鬱病と診断されたら気分安定剤が処方されます。気分安定剤には気分の波を小さくする効果があるとされています。躁鬱病の場合、躁の状態から鬱の状態に移り変わる瞬間に自己破壊的な感情に陥りやすく、自分自身を最も傷つけやすい瞬間だといわれています。また、躁の状態がひどい人の場合は、周りに対してイライラして暴言をはいたり、物に当たったりするので注意が必要です。そういったことにならない為にも躁鬱病による気分の波を小さくすることは非常に大切で、それによって精神的な落ち着きを取り戻すことができます。また、現在気分安定剤として使用されている薬の中には、再発を防ぐ効果もあるとされているものもあるので、正しく服用すれば非常に効果は高いといえます。

抗精神病薬や睡眠薬

気分安定剤に加えて服用する人が多い薬には抗精神病薬が挙げられます。この薬を気分安定剤と併用することによって、精神をコントロールすることが可能になります。躁鬱病の症状が収まったからといって完治したということにはならないので、しばらく症状が収まっていてもこの薬を服用し続ける人がほとんどです。その他にも、睡眠薬を一緒に飲み続ける人もいます。躁の状態であれば、かなり活力がみなぎっている為、寝なくてもエネルギッシュに活動できることがほとんどです。その為、不眠の症状を伴って発症する人も少なくありません。眠が続いていると、気づかないうちに身体へ大きな負担がかかっていることが多いので、不眠と感じたら睡眠薬も処方してもらうことが大切です。しかしながら睡眠薬はあまりに依存して続けてしまうと、躁鬱病の症状とは関係なく、飲まないと寝られないということになってしまうので注意が必要です。

躁鬱病の薬を利用する方法

 躁鬱病と言えば、気分障害の一つで、極端な高揚感と抑うつ感が顕著である精神疾患です。気分の波が顕著であるために、本人は当然として、周囲の家族もまた、それに振り回されて困惑することの多いものです。そのため、現在では、躁鬱病に効果的な感情調整薬があります。その一つがリーマスというお薬です。これは直接的に言えば、炭酸リチウムです。血中濃度を定期的に詳細に見なくてはならないため、扱いの難しい薬ではありますが、躁鬱病には非常に効果的です。また、躁鬱病は脳内伝達物質のセロトニンが関係しているとも言われており、それを調整するためのSSRIやSNRIといったお薬もあります。もし、これらのお薬を利用したいと考えているのなら、精神科の病院を受診し、医師から処方してもらう必要があります。

リーマスやSSRI等が人気の理由

 リーマスやSSRI等が躁鬱病の治療において人気である理由は何と言っても、効果的だからと言えます。特に、リーマスは高揚感や、イライラを鎮める薬として知られ、他の精神科薬にも使われているものです。一方、SSRIやSNRIは主に、抑うつ感に効くものとされ、飲み合わせが悪くなければ、抑うつ感を持つ全ての人に役立ちます。これらのお薬も他のものと同様に副作用もありますが、昔の精神科薬と比較すると副作用も抑えられているので、それも人気の理由となっているのではないでしょうか。こうしたことから、もし、現在、躁鬱病で悩んでいるのなら、早期に精神科の病院を受診し、状態を見ながら、医師からこれらのお薬を処方してもらうようにしましょう。