躁鬱病の治療は 気分安定薬による維持療法

成分を知る

気分安定剤に使用

気分安定剤に用いられる成分で、日本でも使用されている薬にはリチウム、バルプロ酸、カルバマゼピン、ラモトリギンなどが配合されています。リチウムは、躁鬱病で抑えることの出来ない躁の気分や、それによって衝動的に起こる行動を抑える働きを持ちます。基本的に躁鬱病の中でも躁の状態を抑制するために配合される成分です。バルプロ酸は、現在躁鬱病の原因と言われている脳の神経伝達物質に大きく影響を与えることができる成分として薬に配合されています。脳に直接作用してくれるので、躁鬱病だけではなく、てんかんなどの治療にも用いられている薬です。これらに対して脳内の過剰な興奮を抑えるのがカルバマゼピンと呼ばれる成分で、これは躁の症状の1つでもある顔面神経の異常な興奮を抑える働きがあるとされています。最期にラモトリギンですが、これは躁鬱病の再発を予防する効果があると言われているので、躁鬱病の症状がなくなってきた人でもこの成分が入った薬を続けて服用する人が多くいます。

抗精神病薬に使用

抗精神病薬に使用される成分はアリピプラゾールとオランザピンとよばれる成分がほとんどです。アリピプラゾールの場合、総合失調症などの治療にも用いられることがしばしばあります。躁鬱病の症状がひどい人に怒る幻想や幻覚などに効果的とされているのがオランザピンと呼ばれる成分です。オランザピンは、イライラを改善し気分を通常通りに安定させる役割を持ちます。このように、気分安定剤と抗精神病薬に使われる成分を組み合わせてその人に合わせて処方することで、症状を改善することが可能になります。