躁鬱病の治療は 気分安定薬による維持療法

薬と心理治療の併用

薬と併用して

躁鬱病になってしまった場合には、まず薬が処方されますが、それらの薬と並行して進める治療が心理療法です。心理療法では、心理教育や認知行動療法、対人関係療法、社記リズム療法などの治療方法がありますが、個人に応じて心理療法も変えていきます。特に心理教育は、薬の服用をしっかりと続ける上では大切な心理療法だといわれています。薬には副作用が生じてしまうことがほとんどなので、薬の服用がしんどくなってしまう場合もあります。そんな時に心理教育によって、病気と向き合うことを再認識させ、病気に対しての理解を深めることで、前向きに薬の服用を続けることが可能です。躁鬱病の場合、かなり気持ちの波が激しいですが、心理療法によって心を安定させる効果もあります。

家族の協力も必要

躁鬱病になってしまった場合、家族や周囲の理解も必要であり、服用する薬に対して周りも一緒に理解してあげることが大切です。いくら症状が安定してきていても、いつ再発するか分からない躁鬱病では、しばらく薬の服用を続けなければならない場合が多くあります。副作用による様々な症状に対して、周囲の人の協力によってその患者本人も乗り越えることが可能です。また、依存性の高い薬を服用している場合は、あまり薬に頼りすぎないように意識することが大切ですが、本人だけでは歯止めがきかない場合もあります。そんな時は少し周囲から手助けしてあげることが重要で、患者に異変を感じどうにも出来ない時には代わりに医師に相談してあげると良いでしょう。

それぞれの症状に対応した薬を処方しています。

現在、躁鬱病の治療のために使われる薬は主に気分安定剤、抗精神病薬、抗うつ剤、睡眠導入剤が挙げられます。気分安定剤は気分の浮き沈みを抑え、再発や再燃を予防するために使われています。抗精神病薬は躁状態を抑え、社会生活の支障を解消するために使われています。一方抗うつ剤はうつ症状による自殺を予防するために使われています。特に躁鬱病患者はうつだけの患者より自殺率が高い傾向にあるため、うつ症状をどうコントロールするかが治療においてのポイントとなります。睡眠導入剤は不眠が認められた時に使われます。 現在の医療技術では、躁鬱病は完治しないため、一生患者はこれらの薬を服用し続けなければなりません。そのため、患者に一生薬の投与を行っていく必要があります。

制度等を利用しつつ、医療機関にかかると負担が軽減されます。

勿論躁鬱病の薬で治療を行うには医療機関の診療をうける必要があります。しかし、躁鬱病の薬は人によって合う合わないがあるため、合わない場合はもう一度診療を受けに行ったり、別の医療機関にかかり、セカンドオピニオンをあおぐなど、自分に合うものを処方してもらえるよう、患者側が取り組んでいく必要があります。 これらの薬は費用が重なり、負担になることも事実なため、決して費用削減のために他人から譲り受けたりはせず、自立支援医療制度(精神通院医療)を申請したり、ジェネリック薬品を処方してもらうなどの取り組みを行うことが大切となります。そうすることで、ある程度費用を削減しつつ、自分に合った薬を処方してもらうことができます。