躁鬱病の治療は 気分安定薬による維持療法

理解する

薬の副作用に注意

躁鬱病と診断された時に処方される気分安定薬や抗精神病薬ですが、人によっては副作用がみられる場合もあります。気分安定剤の場合、手の震えやふらつき、吐き気や食欲不振など様々な症状が発生します。この副作用が他の病的症状の初期症状になっている場合もあるので、このように副作用のような反応がみられたらすぐに医師に相談することが大切です。これは抗精神病薬の場合も同様になるので、身体の異常がみられた場合であればすぐに服用をやめる必要があります。加えて、抗うつ薬を使用する場合はかなり注意が必要で、服用によって鬱状態から躁の気分へと転換してしまう可能性があります。鬱病と躁鬱病を間違って診断された場合に多いので、もし躁の状態を一度でも経験したことがあるのにも関わらず鬱病と診断された場合は、念のため医師にそのことを伝えておくことが重要です。

勝手にやめない

躁鬱病の薬を処方された場合は、必ず医師の指示に従って服用することが大切です。自分自身が苦しいから、もう大丈夫だからといって勝手にやめると、再発してしまったり、さらにひどくなってしまったりする可能性があります。基本的に予防で一番大切なのはきちんと決められた量を決められたタイミングで飲み続けることなので、副作用がでても医師により大丈夫だと判断されたら苦しくても続ける必要があります。躁鬱病に対してしっかりと向き合って病気を克服する強い気持ちをもつことが大切です。