躁鬱病の治療は 気分安定薬による維持療法

薬と心理治療の併用

躁鬱病と診断された場合、様々な薬を処方されますが、基本的には薬と一緒に心理療法も行います。薬を一回飲んだからといってすぐに改善する病気ではないので、心理療法と一緒に薬の服用を続けることが大切です。

» 詳細を確認する

薬の種類

躁鬱病で処方される薬は人によって違います。薬によっては気分の波を落ち着かせる働きをもつものや、躁の症状によって発生しやすい睡眠障害を抑制してくれる働きをもつものがあります。

» 詳細を確認する

鬱病とは違う

鬱よりも重い

現在世界中に多くの鬱病患者がいるといわれていますが、その中でも近年躁鬱病を患っている人は多くいます。躁鬱病は、鬱病と同様のものとみなされがちですが、実際は違います。消極的な部分が大きい鬱の症状に対して、躁鬱病では気分の高まりも症状としてあげられます。この気分の波が激しいのが躁鬱病の特徴で、疲れていても自分では気づかないほど活力で身体がみなぎっている躁状態と鬱の状態が交互に発症します。この躁鬱病は鬱病よりも思い場合があり、人によっては社会的な立場も危ぶまれる場合があります。早めに診断を受けて早めに治療に取り掛かることが大切だといえますが、実際に自覚症状も少ない為、病院に行って診断や検査を受ける頃にはかなり重度になっているという人も少なくありません。

間違った診断では

この躁鬱病は、鬱病と似通った部分も多いため、実際に心療内科で検査を受けても鬱病と診断される人も少なくありません。基本的に、躁の状態の時には心療内科に行かず、鬱の状態の時に検査をしに行くことが多いことも1つの原因だとされています。この場合、誤診によって誤った薬や治療方法を続けてしまうと、いつまでも治らない状況が続くということになってしまいます。また、躁鬱病にも重度なものと軽度なものがありますが、軽度の場合であれば日常生活に支障がない分気づきにくいです。少し元気がある、少し頑張り屋さん、ちょっとテンションが高い、位にしか周りも認識してないぶん本人も気がつかないのです。また、鬱病と違って薬の処方が全く異なるので、実際に検査を受ける前にセルフチェックや薬について理解を深める必要があります。

躁鬱病を正しく理解しよう

躁鬱病は双極性障害とも呼ばれます。躁状態と鬱状態を繰り返すのが特徴です。躁鬱病というとだらしない言い訳というイメージを抱かれがちですが、正しい知識を身につけましょう。躁状態は自尊心の肥大、注意散漫、多弁、鬱状態は過食、幻聴、妄想過多などが症状として挙げられます。症状の結果だけを見ると自己中心的、自己管理ができないように見えます。これが躁鬱病の偏見の原因でしょう。躁鬱病は脳が原因の立派な病気であり、投薬治療が必要です。副作用が多きい、むしろおかしくなるといった印象を抱きがちですが、精神科医はあくまで医学的見地に基づいて薬を処方します。中にはいいかげんな診察をする医者もいるかもしれませんが、大多数はそうではないことを知っておきましょう。診察結果に納得がいかなければセカンドオピニオンを利用するのがオススメです。

投薬治療について知ろう

躁鬱病治療には心理療法と投薬療法があります。あくまでメインは投薬療法で、心理療法は併せて使われるものです。まずは投薬で容態を安定させ、心理療法で原因となるストレス管理をするのが現在の主な手法です。投薬両方は気分安定薬による再発予防が基本です。躁症状には抗精神病薬の併用、不眠症状がある場合は睡眠導入剤などが使用されます。鬱症状については、鬱病治療用の抗鬱薬の使用は議論の的となっています。抗鬱薬はものによっては躁転、急速交代化などの問題を引き起こす場合があり、処方については慎重を要します。躁鬱病はまだまだ謎が多い病気ですが、患者達のために研究が続けられています。私たちも躁鬱病を正しく理解することが患者を増やさない・差別しないために必要です。

ピックアップ

成分を知る

薬の種類はありますが、その中でも最も多くの躁鬱病患者に処方されるのが気分安定薬です。この薬の成分はリチウムやパルプロ酸など様々で、それぞれに違った効果があります。

» 詳細を確認する

理解する

躁鬱病と診断されて薬を飲む際には、服用方法に加えて副作用などにも注意する必要があります。極力副作用を起こさないようにするためにも医師の指示に従って薬を飲み続けることが大切です。

» 詳細を確認する

オススメリンク

  • 女性なら誰もが憧れる美白になる方法が詳しく紹介されていますよ!あなたに合った方法できれいな白い美肌になりましょう!